栃木の大学生が大会に関わる人たちを取材!!Part2

栃木の大学生が大会に関わる人たちを取材!!Part2

みなさんこんにちは!!☺️

日光国立公園マウンテンランニング大会、これから実行委員会広報担当して携わることになりました吉田須賀です。

吉田 瞳 1998年生まれ  宇都宮文星芸術大学3年

須賀未樹 1999年生まれ 宇都宮共和大学2年

今回は登場二回目のTENtoMARUの渡辺直美の取材記事です。

または、前回に引き続き、TENtoMARUの渡辺直美の取材を掲載します。

 

今回紹介する人 渡辺直美さん

鹿児島県出身。結婚を機に栃木県日光市に在住。3人の子を持つ母親。大会ではスタート時のお店の出店と協賛をして頂いている。2015年9月日光に『TEN to MARU(テントマル)』を創立。またペチャクチャナイト日光のオーガナイザーを務める。日光らしい雑貨、特に寺社巡りで使えるカラフルな絵柄、日光彫りの御朱印帳が人気。

Instagram  @nikko_tentomaru @pkn_nikko 

御朱印帳から広がる。

TENtoMARUのイチオシはなんですか?
御朱印帳ですかね。日光は世界遺産があり神社や寺院も多いので!日光
しかし、御朱印帳について当時、日光で小売店売っているところはありませんでした。
ということは、日光で初ということですかね。
そういうことですかね~笑。御朱印の書いてもらえるスポットの詳細を調べ、フリーペーパーで雑貨屋さんに置きました、なづけて御朱印マップですね。観光客の方にもお役に立てて、また日光の自治体の方にも知ってもらえて、「この雑貨屋さんなんだろう」と気にかけていただけました。また、下野新聞にも掲載していただきました。この頃、すごく達成感を感じましたね。
なるほど!これをきっかけになにか変わったことなどありますか?
かなり変わりましたね。御朱印マップをきっかけに地元の人方に雑貨屋さんを知ってもらえました。また私は御朱印マップを手作りしていたのですが、地元の方のご協力でもっと立派なマップができました。

私の日光ぽいものは「日光彫」

マップ私も活用してぜひ御朱印集めしてみたいです。
ぜひ!もし、良ければ日光彫御朱印帳で初めてみませんか?
日光彫御朱印帳!?とても興味深いです。
TENtoMARUが初となる御朱印帳です。やはり、日光らしいものを取り入れたいと思ってました。その時ちょうど、日光彫の職人さんで「新しいことをやりたい!」という方がいらして、話し合いを進めながら御朱印帳を作りました。
伝統工芸品を取り入れた雑貨素敵ですね。日光彫御朱印帳はお客さんにはどうですか。
私もびっくりなことにすこしお値段がするのですが、なんと200冊売れました。わざわざ日光彫御朱印帳を求めにTENtoMARUに来てくれる方もいます。
大人気ですね!
ほんとにいろんな方とのつながりでここまでTENtoMARUを楽しくやってます!あと日光彫御朱印帳も今後はロゴを考えようと!どんどんパワーアップしていきます。

TENtoMARUも渡辺直美の活躍もとても楽しみになりました!直美さんの活動実はこれだけではないんです!このマウンテンランニング大会でも活躍いただいてます。次回は大会での活躍をご紹介します。お楽しみに!

過去の記事はこちらから>>>