Concept

日光開山の歴史と理念

日光連山は天平神護二年(766年)に勝道上人により開山されました。以降、平安時代には空海、円仁ら高僧の来山伝説が伝えられ、 鎌倉時代には源頼朝公の寄進などが行われ、関東の一大霊場として栄えました。江戸時代になると家康公の東照宮や、三代将軍家光公の大猷院廟が建立され、三仏堂と共にその威容を現代に伝えております。 先代がどのような思いで日光を切り開き、そして今に至るのか。私たちは、その意思を受け継ぎ現代のスポーツを通して伝統と歴史を伝承します。